花束のエピソード

秋頃、日頃お世話になっている方のお誕生日があるということで、何か良いプレゼントはないかと考えていました。

 

その方は明るい方で、どういったものがプレゼントとして相応しいのか、そういった事に疎い私は分かりませんでした。

 

 

 

あれでもない、これでもないと考えあぐねていると、ふと、ある事を思い出しました。

 

 

 

数年前、母の日に、いつもお世話になっているお礼としてカーネーションをお渡ししたのです。

 

その方は、非常に喜んでくださいました。

 

 

 

そこで、花束はどうだろうと思い、フラワーショップへ足を運びました。

 

 

 

確か、鮮やかな赤とオレンジのグラデーションがかかったバラ、気分が明るくなるような黄色のガーベラ、華やかに見えるようカスミソウ、アクセントとしてランを選びました。

 

 

 

出来上がった花束は、その方に似合うような、明るく綺麗な色合いのものでした。

 

 

 

いざその花束をお渡しすると、その方は母の日と同じように喜んでくださいました。

 

いくつになっても、花束を貰うのは嬉しいそうです。

 

 

 

女性にお渡しする誕生日プレゼントに悩んでいるとき、花束を渡すのは、こちらが花を選ぶ楽しみもありますし、相手に喜んでいただけるので良いです。

 

 

 

通常のプレゼントに加えると良いのではと思います。

金婚式のお祝いに胡蝶蘭

車で20分ほどのところにある実家。

 

ときどき足を運びますが、先日も玄関に飾ってあった紫色の胡蝶蘭がきれいに咲いていました。

 

1ヶ月近くたっても咲いてくれているんだな…と眺めました。

 

そう、この花は1月ほど前に胡蝶蘭の通販店で見つけて両親の金婚式にプレゼントした花です。

 

ベストのものをプレゼントしたかったので、どんなお花が良いのか、花屋さんへ行ってもとても悩みました。

 

鉢植えのものか、それともアレンジメントにしてもらうか。

 

華やかなのはアレンジメントでしょうが、胡蝶蘭の鉢植えも豪華で捨てがたい…。

 

お店の人に許可をとって何枚か写真を撮らせてもらい、じっくりと検討。

 

お店の人にも相談しました。

 

すると、鉢植えは1ヶ月ほどもちますよとの後押しが。

 

それが実家に飾ってあった胡蝶蘭です。

 

お店の人の言葉通り、1ヶ月たってもきれいにお花を咲かせてくれていました。